ツキ板合板(突き板合板/天然木化粧合板/練り付け合板)とは?

■ ツキ板合板(つきいたごうはん)とは天然木の木目が綺麗な物を薄くスライスした『※1.ツキ板』をラワン等の薄い天然木を3層以上に貼り合わせた基材『※2.合板』の表面に貼った天然木の化粧合板です。


■ ツキ板合板には色々な呼び方がございますが同じ化粧合板を示す物です。(突き板合板/天然木化粧合板/練り付け合板)


■ 木工/建具/内装の高級素材としてプロユーザーからDIY製作者まで幅広く使用されています。


※1.ツキ板とは?

■ ツキ板とは、天然木を紙のように薄くスライスした素材で日本国内では0.25ミリ厚が主流です。他にも0.55〜0.6ミリ厚の「厚突き単板」と呼ばれる厚みのツキ板も使用されています。


■ ツキ板の呼び方は様々で「ツキ板(つきいた)」「突き板(つきいた)」「単板(たんぱん)」「wood veneer(ウッドベニアー)」「へぎ板」「スライスドウッド」などと呼ばれています。


■ 世界中で幅広く使用されているツキ板はそれぞれの国で独自の進化を遂げ、特殊な色に染めた染色ツキ板や人工的に木目を作った人工杢ツキ板まで世界中で流通しています。


■ 何故天然木を薄くスライスするのか?
天然木の無垢材は水分を含んでいます。この天然木に含まれた水分が少なくなったり外部からの水分で水分量が増えたりすると天然木は伸縮をしてしまい、歪みが生じたりひどい場合には割れたりします。


天然木を薄くスライスする事で乾燥が容易になり適切な水分量を保たせる事ができます。適正に管理できる事で長期保存が可能になります。適正な管理のできない状況の天然木は変色したり腐敗しやすくなり長期保存はできません。


■ ツキ板の製造方法やさらに詳しい説明は弊社のメインホームページで詳しく説明しています。コチラ

※2.合板とは?

■ ツキ板を貼る基材となる合板は色々なサイズと厚みの物が規格サイズとして流通しています。一般的に一番多く化粧合板に使用されているのは「ラワン合板」です。他にも「シナ合板」「バーチ合板」などもありますが、ツキ板を貼るのに一番適しているのは「ラワン合板」です。


■ 「ラワン合板」とは、ラワンと言う木材を薄くスライスして3層以上に貼り合わせてあるものです。中間の層は表面の木目とクロスする様に貼り合わせるため合板が薄くても簡単に割れなくなります。他の合板も同じような構造で製作されています。


■ 弊社で取り扱いのある基材は「ラワン合板」「MDF」「ラワンランバーコア」「ダイライト」です。どの基材にも「ツキ板」を貼って発送できます。

ラワン合板/MDFの規格サイズ

■ 厚み:2.5ミリ/3ミリ/4ミリ/5.5ミリ/9ミリ


サイズS:幅920ミリ×長さ1830ミリ

サイズM:幅920ミリ×長さ2130ミリ

サイズL:幅920ミリ×長さ2430ミリ

サイズLL:幅1220ミリ×長さ2430ミリ


■ これらの規格サイズからカットしてお客様の必要なサイズで発送します。

ツキ板合板は長く綺麗に天然木が使用できる化粧合板

■ 天然木の綺麗な木目のツキ板を合板に貼ることで木工や内装に幅広く、長く使用することができます。仕上げに塗装をすることでツキ板の表面を保護してさらに長く綺麗なままの杢目を保つことが可能になります。

ツキ板合板のカット方法

■ ツキ板合板を正確にカットする場合には「パネルソウ」や「ランニングソウ」が必要になります。腕に自信がある方は「ハンドソウ」等でカットすることもできます。


■ 薄い合板でしたらカッターでもカットできますが正確には切り取れません。


■ 一般の方のDIYやパネルソウ等お持ちでない方には弊社がカットを承ります。規格サイズのご購入でカット代金は無料です!

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

Tadashi Ban

天然木のツキ板合板やツキ板フリーボードを加工した商品を1枚から卸売り販売しています。


ツキ板合板/天然木化粧合板/錬り付け合板の少量購入でお困りの工務店様や木工製作者様は是非一度弊社のツキ板商品をご利用ください。ネット通販ですので1枚から発送します。


ランバーコアやMDFにツキ板を化粧貼りした商品も販売しています。


ツキ板合板を少量でも材料支給など工場への直送致しますので、お気軽にメール又はFAXでお問い合わせください。


商品金額や送料についてのお問い合わせはお電話での対応はいたしておりませんので、必要事項を記載してメール又はFAXでお問い合わせください。